How to make (almost) anything

6月17日。1月16日の授業開始から日数にして153日、final project presentationの日を迎えました。

この日に至るまでの間、20週間にわたって個人の課題、グループ課題とドキュメンテーション、それらに加えてfinal projectの作製を並行してすすめてきました。受講生のみなさんフルタイムで仕事をしているため、集中して課題に取り組める時間は週末に限られてしまいます。毎週新しい課題が課され、1週間はあっという間。あっという間の1週間が20週間連続でまたたく間に過ぎ去っていくように感じられたのではないでしょうか。

続きを読む

広告

Fab Academy Week#20

先週の授業”invention, intellectual property, and income” のreviewから。これまでの授業では、何かを作るためのスキルを学んできましたが、最終課題を世の中に普及させていくうえで、オープンソースにするのか、独占的にするか、どうのように収益をあげていくのかなどビジネス・マネジメントについて考え、ビジネス展開のプランを考えることが課題でした。とはいえ、内容はFinal Project(最終課題)の進捗確認も進めていきますよ。

続きを読む

Fab Academy Week#17

先週の授業”interface and application programming” のreviewの前に、卒業式などが行われる年に1度ファブラボ国際会議、FAB15が開催されるEgyptから、ディレクターのDinaさんから、スケジュール、フライト・ホテル、観光などについて説明がありました。エジプトに思いをはせつつ、最終発表まであと1ヶ月ほど。カウントダウンになってきました。

続きを読む

Fab Academy Week#16

今週は、アジアのファブラボ関係者が集まるFAN(FabLab Asian Network)が開催されていたソウルから、Fab Academy受講中の生徒、インストラクター、関係者が一堂に会して挨拶から。Fab Academyという分散型システムのおかげで、ネットワーク接続ができれば、世界中どこにいても参加が可能ですが、現地のFabLabで参加するといのもいい体験ですね。

続きを読む