【鎌倉研修日記 vol.12】

北海道栗山町地域おこし協力隊の土山です。

12月で関東圏内のフィールドワーク研修完了し、前回は3つのファブラボをご紹介させていただきましたが、今回は3つの施設(DMM.make AKIBA、VUILD(ヴィルド)株式会社、トロテック・レーザー・ジャパンショールーム)のレポートになります。

続きを読む

【鎌倉研修日記 vol.23】

待ったなしで、ファブアカデミーは進んでいます。今回は、協力隊の一人である土山さんの作品と課題制作の様子をご紹介いたします。最低気温が−23℃という雪国ならではの環境を活用した工作機械を構想していますよ。スノードーム3Dプリンタとはいかに!

続きを読む

【鎌倉研修日記 vol.22】

ファブアカデミーでは、毎週新しいスキルを学んでドキュメンテーションをしていきます。そしてそれらのスキルを活用し、最終制作を行なっていきます。特徴的なのは、初期の段階で受講生は最終的に作りたいものを構想することです。何かを学んでから作るのではなく、最初に作りたいものがあるという逆算の方法です。これは受講生それぞれのモチベーションを向上させ、プロジェクトマネジメントを身をもって学んでいくためでもあります。鎌倉研修の一貫としてファブアカデミーを受講している北海道栗山町の地域おこし協力隊は、どんな作品を考え、どのような事を学んでいるのでしょうか。

続きを読む

【鎌倉研修日記 vol.21】

ファブアカデミーでは、水曜日深夜のグローバルセッションを受講した後に、世界各国のファブラボと連携したハンズオンのローカルセッションに参加します。登録したFabLabでインストラクターと授業内容でわからなかったことをディスカッションしたり、課題制作に必要なスキルについてつくりながら学び、理解を深めて、スキルアップしていきます。アジア各地にいるインストラクターにもアドアバイスをもらったりと大忙しです。

続きを読む

【鎌倉研修日記 vol.19】

いよいよ今週からFabAcademyがはじまります。講座が始まれば時間に追われる日々となり、課題をこなす事に精一杯で基礎スキルアップどころではなくなります。ファブラボ鎌倉から受講する方を対象に、スムーズにFabAcademyを受講できるようプレスクールを実施しています。協力隊のお二人の視点で、その様子をご紹介。

続きを読む

【鎌倉研修日記 vol.17】

年明けの鎌倉研修がはじまる前に、北海道栗山町地域おこし協力隊2名は栗山町に一旦戻り試験的に運用をしている工房にて体験会を行いました。二人が工房立ち上げ運営していくためにも栗山町のニーズを把握するのはとても大切ですよね。鎌倉研修日記は、二人の一人称の視点で感じたこと、新しい出会いを通じて得られた経験を皆さんと共有し、FABやFabLabの多様な世界をともに感じていけたら嬉しいです。

続きを読む