【My Big Buddha Project by MODELA】

01

全世界のファブラボで使われている、静岡県浜松市に本社があるローランド ディー. ジー.社のMODELA(モデラ)という切削機があります。日本の会社でつくられた機材が、世界中で使われているのは何だか嬉しい!! ファブラボ鎌倉には、MODELA MDX-20という機種があります!! 今、話題の3Dプリンタが積層して立体物を作成する+の機材なら、このモデラは立体から切り出してカタチをつくる−の出力装置です。そして、このモデラはなんと、スキャンもすることができます!ということで、モールディングキャスティングの元祖である、大仏様をスキャンし、成形し、スキャンし、成形し、という作業をくり返してみたい衝動にかられて、やってみました!!

03

動くのを防ぐために発泡スチロールで台座を作り、マスキングテープで軽く固定しました。スキャン開始。繊細な針が大仏様を、そっとそっとなぞっていきます。

04

0.5mmピッチでスキャンしたデータ。半分の状態ですが約4時間ほどかかりました。顔の部分もうっすら凹凸がついているのが分かります!明日もう半分をスキャンして、ドッキングさせてみます!お楽しみに!!

切削とスキャニング、電子回路まで切り出せるというからモデラ、コレ一台で何でもできそうです!!!! うーん、楽し過ぎます。限界まで挑戦したい!!

by coma

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中