朝ファブレポートvol.12

おはようございます、ファブラボ鎌倉インターンの大石です!

啓蟄から早くも4日が過ぎました。それでも芯から冷える様な日が続く中、今朝の朝ファブは寒さをものともせずに、多くの参加者が集まりいつもよりにぎやかな時間となりました!

朝FAB_0310_01

朝ファブ来訪3度目となる今西さんは、FUJIMOCK FESファブラボ鎌倉ホールアース自然学校が共同で行っているイベント)で作成した富士ヒノキの象さんの立体カレンダーを完成させました。富士ひのきワレ防止の乾燥研究成果を、他の参加者の皆さんと楽しそうに情報共有されていました。

¡¼Ž‘—¿.pptx

資料提供:今西さん

また、フジモックの鎌倉セッションの期間で習得したレーザーカッターの扱い方を、本日初めていらっしゃった他の参加者の皆さんにレクチャーされていました!朝ファブでは、参加者同士で「教え」「教えられる」の相互的な学びの場を目指しています。こうした、何気ない事を教え合うやりとりを垣間が見ることが出来ます。

朝FAB_0310_02小学5年生のれいじ君は、iPhoneから杖の位置情報が分かるアプリ開発に燃えています。はじめてのiPhoneアプリの開発に成功してやる!!という気が満ちあふれんばかりです!今朝の朝ファブでは真剣な表情で、れいじ君自身の力だけで太鼓アプリの開発をやりきりました。次回からは杖にセンサーをつけるために、Aruduino(アルドゥイーノ)という基盤と開発システムからなるオープンハードウェアの学習もはじめたいとのこと。デジタルなものづくりの魅力にどんどんハマっていく度に、れいじ君は新しい一面を見せてくれます。

朝FAB_0310_0373歳の常連の後藤さんは、結の蔵(ファブラボが活動している元酒蔵)をShade(シェード)という3Dモデリングソフトでモデリングをしています。本日いよいよ3Dプリンタで出力をしてみました。後藤さんも他の参加者の方々に3Dプリンタの講座を自主的に開催しています。今回のように、自然発生的に参加者による講座が行われるという状況が生まれるのは、参加者の皆さんが朝ファブを通じてどんどん成長しているなによりの証拠です。

朝FABA_0310_06朝ファブ参加最多の73歳の林さんは、継続して実験、製作中のねじれる箱を、長方形から目標の立方体にすることに成功しました。次回からは厚紙を用いて綺麗なサンプルを作成していきます。

朝ファブでは参加者の方々が、ものづくりはもちろん、生活や仕事の新しい可能性を相互的に見つけあう姿と出会うことができます。そのうち朝ファブ発のプロダクトに出逢えるのもそう遠くないかもしれませんね!

まだまだ寒い日が続きますが、春は、もうすぐそこです。

新しい息吹の予感を夢見て、また次回の朝ファブでお会いしましょう!

 朝ファブ集合写真0310

by ishi

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中