結の蔵モデリングプロジェクト

朝ファブ常連の後藤さん。古都鎌倉を再現する夢(野望)を以前語って頂き、着々と3Dプリンタを使い、結の蔵が少しずつカタチになりはじめています!!

後藤さん

根気よく蔵を採寸される後藤さん。モデリングするため、結の蔵の移築再生を手掛けたO設計室の大沢さんから図面を借り、さらにわからないところは、現場での採寸を並行しながら粘り強く作業をされていました。好きということでされている作業なのですが、そうした姿を見ているだけでもこちらはなんだかとても勇気をもらいます。好きこそものの上手なれ。

 

modeling

Shade (シェイド)というモデリングソフトを使用し、忠実に蔵を再現していきます。

 

後藤さん02

何度もラボに通い、データを作成する際に厚みや変換方法でいろいろと苦労をされていました。蔵の大扉が出現!!

 

後藤さん05

出力時間を短縮するため、各パーツごとに出すという方法をあみ出し、試行錯誤しながら制作を進めています。ああ、こうして蔵が立ち上がっているのを見ているだけでも、ワクワクしちゃいますね。

 

 

by youka

 

広告

結の蔵モデリングプロジェクト」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 朝ファブレポート vol.36 | FabLabKamakuraNews

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中