朝ファブレポート vol.33

こんにちは、ファブラボ鎌倉のcomaです! 今日は朝ファブ2回目の参加者である稲村さんが、ご自身で制作した3Dデータを実験的に出力してくれました。実際に出力をする場合、時間がどれぐらいかかるのか、出力する向きをどうしたら良いのか、強度についての確認など1つ1つ確認をしながら進めて行きました。そして…

Coma-chan_printing

出力している様子を見守る稲村さん。私が描いたイラストを後藤さんがアニメーションにして下さいました。う、う、動いている…!!(感動)ありがとうございます!

稲村さんは、底の部分に「FabLab」と文字の入ったコップを出力。周りの厚みを1.5mm、高さ40mm×直径40mmの大きさで、45分で出力が完了しました。サポート材の設定を無しで出力をしたため、取っ手の付け根の部分と底の部分はダレてしまいましたが、本人的には満足の出来だそうです。ソフトウェア上で予想される出力時間やグラム数と比較した所、グラム数はほぼ同じで、予想出力時間は少し多めに表示されている事がわかります。 

また違う作品を出力してデータを比較してみるのも面白いですね。独自でソフトウェアの使い方を習得されていた事もあり、これからどんな作品を制作してくれるのか、とても楽しみです。 

大木さんは現在、木製電子回路の開発を始めています。先日ファブラボ鎌倉で行われた「レーザーカッター特別講習会」に参加して下さり、レリーフの様に回路を彫る事に成功しました。レーザーカッターで彫刻、切り出しをした回路に電子部品を埋め込み、回路として機能する様に銀で接着をしています。

0922_のるさん

コマンガ初登場の「のるさん」

10706333_632130743567003_415804746_n

現在、のるさんが鋭意制作中の指輪がジェット

朝ファブ常連者の後藤さんは、サーボモーターを駆使して仕掛け付きのBOXを制作して下さいました。CDSセルで光を検知し、暗くすると“ギギギギ”と箱のフタが開く、というものです。Arduinoとパーツの組み合わせ次第で、色々な事が出来るので更に進化したモノを披露して下さる事を期待したいと思います。来月のハロウィンにちょうどいいですね!

10715829_630422417071169_615671146_n 

来週もcomaこと私が描く通称「コマンガ」を交えてレポートをしたいと思います!お楽しみに!

by coma

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中