朝ファブレポート vol.35

おはようございます!ファブラボ鎌倉の朝ファブ担当、comaです。

今日の朝ファブは、先日NHKの「ひるまえほっと」という番組でファブラボ鎌倉について放送された影響か、参加者の多い回となりました。今月は台風の影響や祝日でお休みが多かった分、参加してくださる皆さんの顔を見て、改めてファブラボに来てくださる方のありがたさを感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Scene 01 :

最年少参加(生後10ヶ月!)のTくんが来てくれました!Tくんのお母さんと一緒に常連の岡野さんが持ってきた羊毛をスピンドルで紡いだり、後藤さんがArduinoで制作している「不思議な箱」(暗くなるとふたが自動で開く箱)を見たりと、彼にとって刺激に溢れた日になったのではないでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Scene 02 :

学生の頃に洋裁の勉強をしており、ミシンを自宅に5台お持ちの岡野さん。今日は羊毛を持ってきてくださいました。スピンドルを回しながら羊毛を軽快につむいでいきます。カラフルに染めた羊毛を混ぜ、オリジナルの毛糸をつくる事ができるので、皆さん興味津々で作業を眺めていました。岡野さん指導の元、羊毛紡ぎに挑戦する方々も登場するほどでした。

今年で3年目を迎えるFUJIMOCK FESの初年度の参加者でもあり、TokyoFabbersのメンバーでもある皆川さんがファブラボ鎌倉に遊びに来てくれました。以前から交流はあったものの、朝ファブに参加してくださったのは初めてでした。本日のミッションは、ファブラボ鎌倉の代表、渡辺ゆうかさんへの誕生日プレゼントのパッケージをつくる事だそうです。以前にレーザーカッターで切り出していたフエルトを丁寧に縫い、ボタンになる部分の木の枝を近くの公園から調達。自分で紡いだ羊毛でボタンを留めるための紐を作成していました。身近にあるモノを素材とし、その場に応じてモノができあがっていく過程を見るのはワクワクしますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Scene 03  武井さんがイベントの際に作成されたサメのミニ四駆

なんと、これも3Dプリンタで出来ているそうです。仕上げの仕方で見え方が変わりますね。ちなみにこちらのミニ四駆は尻尾にセンサーが仕込まれており、自動走行するそうです!

本日も様々なジャンルの方々が入り乱れる、朝のものづくりタイムとなりました。

来週も朝9時に蔵にてお待ちしております。

by coma

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中