朝ファブレポート vol.41

寒い日が続いていますが今日も元気なcomaです。朝ファブレポートvol.41をお届けいたします。

今日は寒さに耐えかねてストーブを点けてから朝の掃除を始めました。ファブラボ鎌倉が活動している「結の蔵」という場所は、1階は土間になっており、暖房をつけて蔵全体を温める前は猛烈に寒いです。もともとが酒蔵だった事もあり、土壁も構造の木材も気温や湿度を一定に保つためにはとてもすばらしい威力を発揮します。

さて、朝の寒さにもめげず、朝ファブに通ってくださる熱い方々のプロジェクトをご紹介いたします!

稲村さんはユニバーサルジョイントに近いジョイントパーツをご自身で設計、制作されています。先週出力したパーツと組み合わせて、曲がる部分ができました!3セットぐらいパーツを繋げるとうねるような動きを表現できるそうなので、今後さらに面白くなりそうです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな稲村さんの姪っ子さん夫婦がいらして下さいました。服飾のお仕事をしており、レーザーカッターと3Dプリンタに興味があっていらしたのだそうです。レーザーカッターでの初めての出力は、可愛らしい犬のキャラクターを出力してくれました。朝ファブを通じて、機材でできる事や加工できる素材を知ることで、新しい発想が生まれてくる瞬間を見るのはこちらもワクワクしますね。

今年のFUJIMOCK FES にも参加してくださっている大木さんは、新作の作品を2つも披露してくださいました。一つは、端材からつくりだした木の透かし絵です。太陽の光に透かすと中の木材部分が影になって見えるというもの。先週切り出したLEDの端材を利用して制作されています。光に当てるまでなんの絵が見えるのかわからないというのも、子供心をくすぐりそうです。IMGP1388

もう一つは、レーザーカッターのカットモードで弱く出力して彫られた部分に、他の素材を埋め込んでみたものです。今回は白玉に藍の顔料を混ぜたものを使用しているそうですが、綺麗な藍色がでています。木材同士の接着にも白玉を溶いた液体でどこまで強度がでるのか実験中とのことでした。IMGP1392

木材と異素材の組み合わせは私も今後研究していきたいことの一つなので、大木さんと一緒に実験してみたいと思います。

そして、来年から、朝ファブは完全英語化を目指します!!!始めから英語だけでコミュニケーションをとるのは難しいので、少しずつ英語で話していく環境をつくっていきたいと思います。朝ファブの最後に「今日できたこと」を発表していただいているのですが、その発表をまずは英語化していきたいと思います。あらゆる手段を駆使し、英語を話せるようになりたいと思います。

来週の朝ファブの後は発表会になります。午後2時ごろから開始いたしますので、ご興味あるかたは是非おこしください。

by coma

広告

朝ファブレポート vol.41」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 朝ファブレポート vol.48 | FabLabKamakuraNews

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中