Wedding × FAB

私事ではありますが、ファブラボ鎌倉のメンバーである私、nonokaは、今年結婚式を挙げました。一見普通の結婚式と思いきや、やはり…

178
急に決まった式で、準備期間が3ヶ月ほどしかなく準備に追われた私は、FabLabKamakuraで一緒に活動しているcomaちゃんとmasakoさんに、ウェルカムボードと、リングピローをお願いしました。今回はこの2作品を紹介します。

私からのオーダーは
・FabLabらしいもの
・あまりキャピキャピしてないシンプルなもの(いわゆる結婚式っぽくないもの)
この2点でした。

まずは挙式で大活躍したリングピロー。
141
鹿の部分は、Autodesk社123DMakeの世界中の制作物がアップロードされているギャラリーから指輪がかけられそうなモチーフを利用してレーザーカッターで作成したそうです。パーツとして切り出されたものを組み上げ、リングピローとして自立するように、オリジナルの台座をつけてくれました。台座には挙式の日と新郎新婦の名前がレーザー刻印されています。

193
こんな感じで皆さんの前に登場しました。

とても完成度が高く、豪華なんだけど、一般的なウェディングとは一味違うリングピローで、ベテランウェディングプランナーさんも驚いていました。

こちらがみなさんをお迎えしたウェルカムボード。(後ろのお人形たちは高校の後輩たちからの祝電です…)

499
寄木でつくられた額の中には新郎新婦が好きなものが沢山詰め込まれています。(カメラ・ベース・車・工具・3Dプリンターetc…)寄木でつくられている辺りがcomaらしくて、とても素敵。

501
配置されている物も新郎新婦のことをよーく考えてくれてたんだな…ということが伝わってきて、初めて実物を見たときは思わずホロリときてしまいそうでした…。このリアリティは3Dプリンターならではですね。
ウェルカムボードの裏にはFabLabKamakuraにゆかりのある方々からのメッセージが。受け取った際は見逃していたのですが、持ち帰って改めて見たときにこのメッセージたちに気づき、今度こそ感動して泣いてしまいました…。本当に嬉しかったです。寄せ書きもレーザーで刻印されているので、色褪せることなくずっと同じ形で残すことができるので、いい思い出になりました。1233

二人らしさ、オリジナリティが求められる結婚式とFabはとっても相性が良いのかもしれません。少なくとも私はこの相性は抜群だと思いました。2人に頼んで本当に良かったです。(Yumiちゃんもお手伝い本当にありがとう)

1から作らずとも今回の例のように、すでに公開されているデータにオリジナル要素を加えるだけでも、今までとは違うオリジナリティの溢れるウェディングアイテムになります。もしかしたらこの風景がちょこっと先の結婚式の姿かもしれませんね。ご自身の結婚式を控えている皆さん、ウェディングアイテムの作成を頼まれた皆さんはこんなアプローチはいかがでしょうか。(わたしはとっても嬉しかったです!)

by nonoka

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中