FUJIMOCK FES で思うこと 1

私たちは、ワンクリックでいろいろなモノが届く手段を手に入れました。非常に便利で、私が年間Amazonに費やしているお金はいくらなのだろうかと思うくらいです。だから、極端かもしれませんが、なんでもパソコン上でできたり、すぐに手に入ったりとなどと勘違いをしてしまいがちです。そのためか、私はたまに真逆のことをしないと心と身体のバランスが取れません。

FUJIMOCK 01

ワンクリックする感じで、パソコンやスマホの画面見ながら、素材の循環とか考えたり、林業のこと考えたり、自給自足とかスローライフとか妄想したり。いい面もあれば、軽い、軽すぎるなあと一方で思うんです。なので、日々使っているのが目と手首くらいの人間が、年に1回くらい森に入るって意外と重要です。電気やパソコンが使えないと、とたんに無力になり、自分って全然使えないって気づかされます。自然と向き合っている人の感度は、いつもすごいなと驚かされます。都心だとそういうセンサーをあえて鈍感にしないと生きていけないですから。
FUJIMOCK 02

そして森の中では、自分の身体と向き合うことになります。当たり前といえばそうなのですが、実は木は切るよりも、森から運び出す方が大変です。「そんなの知っているよ」と「うんうん、そうなんだよね。やったことある」とは、まったく言葉の重みが違います。切ったばかりの木材は、水分がぎっしりと詰まっているからとても重いです。駅のホームでつま先立ちして、足をつってしまう私は、日頃の運動不足と対峙する神聖な時間です。毎年のことでもあるので、フジモックフェスが近くなるこの時期からちょっと筋トレしようかなと思っていたりします。昔はスポーツ万能だったと、過去の栄光にすがってはいられません。今から筋トレして効果あるのかは謎ですが、森の中でギックリ腰になったら大変ですからね。それでも、普段とはかなり違う身体の使い方、頭の使い方すると心地よい疲労感を味わうことができるからやめられません。頭の中のもやが晴れて、スッキリするんです。いつもそうです。一人でなんて作業できないから、いつも共同作業です。はじめてその日あった人とも一緒に作業して、温泉入って、夕食をともにすれば、なんだか昔からの知り合いのよう思えてきます。木こり体験は、究極のアイスブレイクかもしれません。

FUJIMOCK FES 04

夜には、木こりキャンプ。火には、人と人との距離を近づける魔法があるようです。いろんな話をして、夜が更けていきます。もちろん、寝袋でみんなで寝ますよ。

 

朝、目を冷ますと、森の中で朝食です。火の当番をする人、動物の世話をする人、都会では味わけない、ちょっとした幸せがあります。そうした時間の中で、森のこと、生活のことを考えたりします。

FUJIMOCK FES 06.jpg

毎回、アップデートを心がけているフジモックフェスでは、独自の製材セッションを行っています。切った木材を翌日に製材するなど普通の木材加工の過程ではあり得ない、というか邪道です。それでも、常識を疑い、いろいろな検証をしているうちに、チェーンソーで製材した木材でも木工加工が効率よくできることがわかってきたんです。それも、これまでに参加してくださった方々と、毎年検証していることでもあります。製材する木こりさんも、あまり普段見ることができない風景かと思います。ちなみに、木こりのレーチェルさんは、樹木医でもあり、日本でも数少ない森の総合管理士(フォレスター)、三島の森を守ろうと事業を立ち上げた起業家でもあります。頭脳派木こりとでも言えばいいでしょうか。そして、TEDxにも登場するしゃべれる木こりの前田さんは、もはやタレントレベル。前田さんは、都会の方々が持ち合わせないワイルドさをお持ちです。
FUJIMOCK 03

チェーンソー製材するレーチェルさん

フジモックフェスは、毎年20名程度の参加者で開催されています。普通というよりいい意味で、芯のある変わった方々が全国から集まってきます。(私的には、すごい褒めています) そもそも、普通の人なんていないですからね。そうしたフジモックフェスにピンと来た方々と丁寧にコミュニケーション取りながら、成功も失敗も共有していきながらのコミュニティーが生まれています。
FUJIMOCK FES 05.jpg

そして何よりも主催者が一番楽しみにしている、毎年恒例のイベントでもあるので皆さんもぜひ参加してみてください!!   富士宮でお会いできるのを楽しみにしております!!

 

渡辺ゆうか

 

【FUJIMOCK FES 2016

◎開催日時

富士山セッション:2016 1029-30()

鎌倉セッション:2017 218() / 311()

発表会:2017 41()

全部で約5ヶ月間のプログラムです

FUJIMOCK FES 公式サイトはこちら

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中