Fab Academy Week#1

1月16日、日本時間23時から始まりました、Fab Academy 2019。Fab Academyに興味はあるけど、情報が少なく受講には不安といった方に、その臨場感をお伝えできるよう、タイムリーにレポートをお届けするつもりです。なので技術的な話にも踏み込んで書いていくつもりですので、お付き合いいただければ幸いです。

初回のクラスタイトルは”principles and practice”。 通信、コンピューティング、製造(fabrication)がアナログからデジタルへ。デジタル技術の礎を気づいたシャノン、フォン・ノイマン、Neilが率いるCBA(Center for Bits and Atoms)、Fab AcademyのもととなったCBAの授業HTMAA(How to make (almost) anything)、FabLab、FabX、Fab Cityなど、盛りだくさんのテーマ紹介が続きます。

 

通常のクラスは、前半1.5時間が前回授業のレビュー、後半1.5時間が今週の授業という構成ですが、初回の後半は、参加しているノード(FabLab)の駆け足で紹介タイムです。

おなじみBarcelona(スペイン)、Waag(Amsterdam/オランダ)、Oulu(フィンランド)からは毎年多くの参加者がいます。傾向としては、昨年にも増してアフリカ、インド、中東地域のラボが増えているようです。世界67のFabLabから、284名の受講生が半年間苦楽をともにしていきます。この半年間のおかげで、半年後に卒業式では、会ったことがないのに、ずっと前から友達だった気分になっています。

 

日本からは、鎌倉から4名、ファブラボ関内から3名のあわせて7名が参加しています。ファブラボ鎌倉は、移築された築130年酒蔵にあるということもあり、craftmanshipとテクノロジーの融合に重きを置いているラボだとNeilからは紹介されました。こうして紹介してもらえるラボにいられるというのは、インストラクターとしてもとても誇りに思えてきます。

image2

さて、week1の宿題は、ファイナル・プロジェクトのラフスケッチを描くというものです。

この時点ではっきりとファイナル・プロジェクトがイメージできている人、ぼんやりとは描けている人、まったく決まっていない人、どれくらいの割合になるのでしょうか。この時点は、無限の可能性を妄想することが可能です。ただ半年間かけて身につけていく知識、技術的難易度、時間との兼ね合いから着地点を探っていかなければなりません。そのことについて教え込まれるのが第2週のクラス”project management”となります。

 

最後はお約束、global goodbyeでお別れです。

日本時間は26時。当然ながら眠いです。

 

Fab Academyのクラススケジュール

Fab Academy を受講している世界各国のラボとクラスメイト

Week#1 Global Goodbye

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中