Fab Academy Week#7

昨年の受講中、同じ課題にもかかわらず、受講生の作品レベルの高さ、発想のユニークさに、驚きと、そのスキルに対する羨ましさみたいなものをたびたび感じることがありました。同時に、当たり前といえば当たり前なのですが、こんなこともできるのかという自分の知らない世界を新たに発見できる機会が毎週のように続いていきます。インストラクターになっても、新しい発見は、鎌倉の受講生からも、世界の受講生からも尽きることはありません。

退屈といわれた先週のelectronics productionから一転、創造性豊かな3D作品を紹介します。

Gianluca De Rossiさん/Crunchlab(Venice, Italy)

Crunchlabのco-founder。後ろに見えるロゴマーク、De Rossiさんのヒゲでしょうか。昨年からのContinuing Studentです。Fab Academyは、なんらかの理由で1年で卒業にいたらなくても、翌年以降も継続して受講することができます。昨年の卒業式でとなりに座っていた方は、たぶん還暦を超えた女性の方で、2年かけて卒業したとおっしゃっていました.

3Dモデリングは、カメラのグリッパー。layer thickness, infllなどのスライス条件を部分的に変えられるIceSLというスライサーでスライシング。

スクリーンショット 2019-03-07 20.44.16

一度はノズルが詰まってしまったとのことでしたが、うまくリカバリーできたようです。

スクリーンショット 2019-03-07 20.44.56

Silvia Beatriz Lugo Lugoさん/TECSUP(Lima, Peru)

グループアサインメントのまとめ方がとても参考になります。3Dはflower base。

スクリーンショット 2019-03-07 20.57.16スクリーンショット 2019-03-07 20.58.05

Vaibhav Saxenaさん/Vigyan Ashram(Pabal, India)

computer controlled cuttingの週にもliving hingeですてきな作品を作っていた方。GrasshopperからGcodeを生成。

スクリーンショット 2019-03-07 21.01.25

Brent Richardsonさん/LCCC(Ohio, US)

子どもたちがワニ口クリップを使いやすいようにと補助具。子どもたちだけではなく便利そうです。

スクリーンショット 2019-03-07 21.04.08

Aaditi Prakash Kharadeさん/Vigyan Ashram(Pabal, India)

バングル。

スクリーンショット 2019-03-07 21.34.50

Anne Vlaanderenさん/Waag(Amsterdam, Netherland)

コーヒーマニアなので、フィルターフォルダ。food safety materialを使用したかったけれども手に入れられず、次の候補のPEIは熱耐性もあるがとても高価。最終的にはABSの仲間、ASA(Acrylic Styrene Acrylonitrile)を使用…あまり口にしたくはありませんが、デザインは素敵ですね。

スクリーンショット 2019-03-07 21.39.06

Tarek Asfourさん/Irbid(Irbid, Jordan)

なんと口内スキャンして、プリント。スキャナーは3Shape TRIOS® Intraoral Scanner プリンタはSLA方式のForm2、材料にはDental SG resinを使用。いい機材そろってますね。Neilもwowと驚いてました。

スクリーンショット 2019-03-07 21.17.43スクリーンショット 2019-03-07 21.17.58

 

後半、今週の授業は”electronics design”です。

先々週の”electronics production”のときと同じように、Neilは”one of the least creative week, but important week”と話し始めました。ただ「本来、electronics deisgnはとてもクリエイティブだけれども、まだそのような段階ではない。今週はツールに慣れるだけだ」とも付け加えました。

そのツールというのは、Eagle、KiCadという回路設計ソフトのことです。前回は与えられた回路図を切削すればよかったのですが、今回は自分で回路図を描きます。マイクロプロセッサー、抵抗、コンデンサーなど電子部品を配置して、部品間の端子の配線(Routing)します。Neil曰く、Routingはパズルのようで楽しいという人、嫌いという人に分かれると言っていますが、鎌倉受講生はどう感じたのでしょうか。

電子部品を配置。

img11c

Routing完了。

img13

切削、はんだ付けの後、先に制作したFabISPでプログラムを書き込み、今週の課題完了です。img49

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中