【鎌倉研修日記 vol.28】

2019年10月始まった北海道栗山町地域おこし協力隊地域越境型開拓プロジェクト も早いもので、実施機関の半分が経過しました。折り返し地点として鎌倉と栗山町をつないで実施したオンライン報告会の様子を公開いたします。はじめは参加者を募って対面での報告会を予定しておりましたが、新型コロナウィルス感染予防の観点からオンラインでの実施となりました。

続きを読む

【鎌倉研修日記 vol.27】

7回目は、静岡県浜松市にあるファブラボ浜松にお邪魔して3泊4日の出張形式で大型CNCルーターで木材を切削して何か大きなものを作るという課題を行いました。それというもの、ファブラボ鎌倉では大型のCNC機材は騒音とスペースの関係で置くことができないので、ファブラボ間で連携してFabAcademyの制作を行っています。同じくファブラボ長野にも行った受講生もいるので、こうした連携もファブラボらしさでもあります。

続きを読む

【鎌倉研修日記 vol.26】

6回目のFabAcademyの授業では、マイコンを使った簡単なプログラムを実行できる電子基板を作成しました。ファブラボといえば3Dプリンタやレーザーカッターなどが代名詞となっておりますが、自分たちで使う基板を切削して作るということは、あまり知られていないのではないでしょうか。FabAcademyは最終課題で使用する基板も制作していきますよ。

続きを読む

【鎌倉研修日記 vol.24】

4回目の授業は、電子回路基板の制作となります。電子回路基板とは様々な電子部品を取り付けることで電子回路として成立し、何かしらの機能を実現している板のことです。FabAcademyではマイクロコントローラー(マイコン)やマイクロプロセッサーなどを取り付けて、自作したプログラムを入力し実行する電子基板を最終的に制作することになります。

続きを読む