【鎌倉研修日記 vol.42】

全てのセッションが終了し、あとは学んだ技術を入れ込んだ各自のテーマで進める最終制作とその発表となります。発表は1名1分の動画、1枚のイメージボードを作成してコンセプトからプロセス、入れ込まれているスキルを説明していきます。発表までラストスパートです。

土山は、今週はメインイメージの写真や動画撮影を進めるため作品の追い込み制作作業になりました。前回、削り出した基板をはんだ付けしプログラムを書き込み正常に動作することを確認できたので、今週はアクセサリーと帯留めの外装製作がメインでした。

#42_01

左) 帯留め試作品1号 右) 帯留め試作品2号

帯留めの外装は3Dプリントしたボディに和柄の布地を貼り付けることにしました。まずは帯留めの基板、使用するバッテリー、充電回路などの大きさを大体の配置で並べ、サイズを計測し、それをもとに3Dモデリングを行い出力しました。最初に設計した形は円形のものだったのですが、全ての機能を格納するためには範囲が狭かったため、最終的に六角形のデザインに変更しています。帯留め試作2号では、試作品1号から六角形のデザインに変更し、スイッチやLEDの穴の位置を微調整し、中で基板が動かないように設計しました。

#42_02

左) 試作2号 帯留めの中身1層目 右) 試作2号 帯留めの中身2層目

六角形に変更した帯留め試作2号の1層目に基板を配置し、2層目に電池と充電回路を格納しています。3Dプリンタの素材感では着物との相性が見た目にも違和感があるため、和紙を使用したデザインを採用しています。様々な和紙を組み合わせレーザー加工して制作していきました。

#42_03

レーザー加工で和紙を加工する様子。同じデータで切り出すため、高い精度でピッタリサイズで切出すことが可能になります。

#42_04

帯留め部分と衣装合わせの様子 

帯留めに使用する布のデザインを着物の帯を確認してから決めていきました。

#42_05

撮影用の絵コンテ

今回は、時間がないタイトなスケジュールになってしまったので、動画用の絵コンテを作成し、撮影がスムーズに進むように準備を行っていきました。

#42_06

撮影時の様子

連日雨が続く中、雨脚が弱まったタイミングを狙って撮影を進めていきました。もちろん、撮影場所は、ファブラボ鎌倉の蔵がメイン。撮影サポーターとしては、インストラクターのRicoさんに協力してもらいました。

#42_07

動画編集作業の様子

撮影した動画を1分に編集していきます。動画仕上げて、プレゼンボード作成して、プレゼンの練習して、いよいよ発表になります!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中