【鎌倉研修日記 vol.54】

ついにプレシャスプラスチックの活動が再開となりました。今後しばらくはオープンラボの時間を活用して機械を稼働していくことになりました。これまで関わってきた機材だけに感慨深いです。

続きを読む

【鎌倉研修日記 vol.53】

オープンラボのサポートのみならず、講座を講師としてのトレーニングが開始され、FabAcademyの説明会に今年の受講生として話したりとプロジェクトを進めながらも、同時並行で日々実践的に業務を行なっています。

続きを読む

【鎌倉研修日記 vol.52】

栗山町に戻ってから鎌倉で行われているものづくりプログラミング教室、カマクラ・ビットラボと連携したキッズプログラムの開発が始まっています。今ある3つのレベルに合わせたプログラムの説明を受け、栗山町ではまず最初のレベルに限定して行い、町にフィットするかどうか様子を見る様にしたいということで話が進みました。また我々協力隊も何か自分で考えたものを鎌倉にいる間に試験的に行うことになりました。

続きを読む

【鎌倉研修日記 vol.51】

本来であれば、8月ファブラボ国際会議のためにカナダに行く予定が、新型コロナの影響により中止となりました。その代わりに、国内外のFAB施設関係者からオンラインで運営者に話を聞くオンラインフィールドワークが開催されています。まずはじめに、鹿児島県南さつま市にあるダイナミックラボの方々にZoomを通してラボ運営についてのお話を伺いました。

続きを読む

【鎌倉研修日記 vol.50】

先日オンラインで実施した、鎌倉研修中間報告会の様子を公開しました。北海道栗山町の地域おこし協力隊としてファブアカデミー を受講したのは、日本でも初の試みです。栗山町での計画や、岡、土山の2名が鎌倉研修の中でどのような事でつまづき、心が折れそうになり、どうやってそうした状況を変えていったのか。ファブアカデミー は、彼らに取ってどういう意味を持っていたのか。そうした事を、彼ら自身が語っています。栗山町町役場の方々ともつなぎながら、報告会は行われました。

続きを読む