FUJIMOCK FES 2017

台風21号が接近する中、フジモックフェスの富士山セッションを開催しました。天候は、これまでになく荒れていましたが、参加者と構築できた時間はとても豊かでした!  主催する側も毎回発見が多いフジモックフェス。何がその要因なのか、少し考えてみました。

続きを読む

嬉しいメールが届きました! from FAB BASIC 受講生

ファブラボ鎌倉の皆様

先週の月曜日初めて朝FABに現れ、“web × IoTハッカソンの準備をしにきた”と言い、アクリルを切って帰った安達です。一昨日、昨日とハッカソン本番がありまして、なんと、会社の有志で出場したうちのチームが最優秀賞を獲得しました。

続きを読む

FUJIMOCK FES で思うこと 1

私たちは、ワンクリックでいろいろなモノが届く手段を手に入れました。非常に便利で、私が年間Amazonに費やしているお金はいくらなのだろうかと思うくらいです。だから、極端かもしれませんが、なんでもパソコン上でできたり、すぐに手に入ったりとなどと勘違いをしてしまいがちです。そのためか、私はたまに真逆のことをしないと心と身体のバランスが取れません。

続きを読む

STEM MEETING No.2

「共有」をテーマに、第2回のSTEMミーティングを開催しました。プログラミングやデジタル工作機械など手法のみが注目される中で、私たちは学習者にとってよりよい学習環境とは何か、これまでにない可能性を引き出すためにSTEM教育のあり方を模索しています。ファブラボ国際会議FAB12のレポート、深圳という街を環境装置として捉え、STEMを繋げることで見えてきた風景がありました。

続きを読む

Fab Academy 2016 : 体験記 No.15

こんにちは。Fab Academy受講中の近藤です。

まだ最終課題という大きな壁が控えていますがFabAcademyも残り数回。

今回はFabAcademy第15週“Networking and Communications”の回をお送りします。

お題は何らかのネットワーク通信できるデバイスを作ること。今回も私は最終課題に使用するための事前準備として、wifiにつながるボードを作ることにしました。最終課題前に練習しておかないと、後で苦労しそうですからね。各回の課題で最終課題に繋がるパーツに取り組むことは、時間内に効率よく作っていくうえで大切なことかもしれません。

続きを読む

Fab Academy 2016 : 体験記 No.13

こんにちは。Fab Academy受講中の近藤です。しばらく時間が空き夏真っ盛りになってしまいました。今回はFabAcademy第13週“Output Devices”(出力デバイス)の回をお送りします。お題は以前に引き続き、自分で電子回路を設計し、それに何らかの出力装置を繋げてコントロールするというもの。私は最終課題(ネットに繋がった電光掲示板)の予行演習としてLEDドットマトリクスを作ってみました。

続きを読む

FAB基礎講座レポート

「箱、なめてました」講座の最終日に嬉しい感想をもらう。「たかが箱、されど箱」FAB基礎講座は、同じ機材を使って箱を制作していても、決して同じ作品はできません。そこが面白いし、毎回実施している側も発見があるところがいい。FAB基礎講座で何が起こっているかをご紹介しますね!

続きを読む

FabLearn Taiwan 2016

こんにちは、ゆうかです。今、私は日本へ帰国するため台湾の桃園空港にいます。なぜ台湾にいるのかというと、台南市で開催されたFabLearn Taiwan 2016での講演を依頼されたからです。私たちが昨年日本で開催したFabLearn Asia 2015に刺激を受け、台湾台南市のFabLab関係者が働きかけ、今回FabLearn Asiaの展開系として国際会議を実施してくれたという経緯があります。なんとも嬉しいではありませんか。

続きを読む

Fab Academy 2016 : 体験記 No.10

今回のレポートを担当する淺野です!4月も中旬に入り、新生活にも慣れてきた頃でしょうか?僕も大学院という新しい環境に馴染みながら、こちらのAcademyも頑張っているところです。

さてさて、今週の課題は「Machine Design」。先週に引き続き、 MITから届いたパーツを使って、各ラボのオリジナルマシンを作っていきます。僕以外のお二人が社会人ということもあり、休日の朝からファブラボ鎌倉に集まって、一気に集中して作品を作っていきました。

続きを読む

Fab Academy 2016 : 体験記 No.9

こんにちは。近藤です。

1月下旬に始まったFabAcademy2016も2か月が過ぎいよいよ中盤です。今回はグループワークということで鎌倉から参加している3人のメンバーで動く機械を作るプロジェクト”Mechanical/Machine Design”ということで、まずはアイデア出しから始まりました。

続きを読む

Fab Academy 2016 : 体験記 No.8

いよいよ春が近づき、桜も咲くような季節になりましたね。今回レポートを担当する淺野も無事大学を卒業し、大学院に進学することとなりました。さてさて、FabAcademy3月最後の課題は「embedded programming」、機械を動かすために組み込む(=embed)プログラムを学ぼう、という内容です。

続きを読む

Fab Academy 2016 : 体験記 No.7

すっかり春になりましたが、まだまだ花粉症に悩まされている近藤です。

いよいよ7週目。FabAcademyが始まる前から期待していた講義の一つMake Something Big(何か大きいものを作る)の回になりました。

前回までは机上に載るサイズの3DプリンタやCNCミリングマシンでしたが、今回は一気にスケールアップし2.4mx1.2mという畳より大きなサイズを切り出せるShopbotという工作機械を使います。

続きを読む

Fab Academy 2016 : 体験記 No.5

職場近くの桜も咲き(種類は大寒・寒緋桜)、鼻がムズムズして仕方ない今日この頃です。皆さんお元気でお過ごしでしょうか?今回は近藤がお届けします。

1月末に始まったFabAcademyは早くも5週目。だんだんとこのハードな生活にも慣れてきました。さて今回は3Dプリントとスキャンの回。御覧の皆さんの中にも馴染みのある方も多い分野なのではないかと思います。

今回の課題としては使用する(1)3Dプリンタの特性を把握するための出力、(2)切削では不可能なデザインと出力、そして(3)3Dスキャンをしてみるということでした。

続きを読む

Singapore notes, page01

3月になりましたね。みなさまお元気ですか。ファブラボ鎌倉のmasakoです。

わたくしごとではありますが、この1月にシンガポールに引越しました。こちらへ来て約2ヶ月、2人の子どもたちの新しい学校での生活も落ち着き、ファブラボ鎌倉のプロジェクトもできることから少しずつ再開しています。

日本との時差は1時間。こちらに来ても鎌倉のメンバーとは、東京に住んでいたときと全く同じツールを使って週に1度のチームミーティング参加や必要なタイミングでのオンラインの打ち合わせができ、テクノロジーの進化に感謝するばかりです。

続きを読む

バイオ版Fab Academy ” How To Grow (Almost) Anything “

9月も半ばを過ぎ、めっきりと涼しくなりました。ファブラボ鎌倉の加藤です。

「(ほぼ)なんでもつくる」がファブラボの合言葉ですが、今年から細胞やDNAを作るための方法を学ぶ、How To Grow (Almost) Anythingが世界のファブラボネットワークで始まりました。最近いろいろなところでバイオに関するお話を聞くのですが、ファブラボのような民間の組織でどこまで何が出来るのでしょうか。何が出来るか理解するには、体験してみることが一番です。

続きを読む

NHK総合 : サキどり↑

本日放送されました番組『サキどり↑』(NHK総合)、ファブラボ鎌倉以外にもファブラボ仙台DMM.makeなどとても丁寧に全国のファブ施設の活動が紹介されておりました。機材の数や施設の広さではなく、各施設に通う人が何を目的にどんなことをしているのかにフォーカスしている点にとても共感できました。

当日の詳しい放映詳細はこちら →  “ファブ施設”でDIY大進化

続きを読む

朝ファブレポート vol.20

朝ファブ オルゴールプロジェクトが、着々と進んできております!

朝ファブに参加されているメンバー内で各自の分担を決め、実現に向けてそれぞれが取り組んでいます。今回のプロジェクト発案者の後藤さん(74歳)は、イメージをより明確なものにする為に、シェードでモデリングを開始されています。

続きを読む

【朝ファブレポート vol.02】

朝ファブ_201307-1_01

今日も掃除から朝FABが始まります!岡野さんと忽滑谷さんが石板の間の草とりをしてくれました。1人で掃除をするのと、何人かで掃除をするのではキレイになる範囲が違う事を実感しました。皆でやると色んな場所がどんどんキレイになっていき、気分まで爽やかになりますね!

続きを読む

【Countdown : Start!】

fujimockfesTOP

– FUJIMOCK FES 開催サポーター/参加者応募開始のお知らせ –

フジモックフェスは、富士山麓の森林と21世紀型のつくりかた「FAB」を介して日本の林業活性化を目指しています!

今年もFUJIMOCK FES 2013を開催するべく、富士山の山開きと一緒にクラウドファンディングを行なうサイト「カウントダウン」にて募集を開始しました!! 応募/サポートのみならず、リターンにFabLabKamakuraにてスキルアッププランを組み込んでおります。このイベントを通じて、サポートする 方々にも「つくる」きっかけになれればと思っています。なぜこのようなイベントを行なっているか、コンセプトを多くの方々にご理解していただけたら嬉しいです!

続きを読む

【トークセッション】

British

– 地域の未来を切り拓く これからのかたち –

イギリスからお越しになるWe Are What We Do代表のニック・スタンホープ氏や嘉村賢州氏さんらと「これからのコミュニティーのあり方」についてトークセッションを行います。申し込みを開始された そうなので、お時間がある方はお越し頂ければ幸いです// 最近よく、コミュニティーとは何かを考えます。さらに、コミュニティーをつないでいくということに注力し始めています。ニック氏が展開しているオンライン プロジェクト「Historypin」、なにかヒントがありそうな予感がしています。 フィールドの違う方々との対話はとても楽しみです。

続きを読む

2 Years Old!!

2歳

2011年5月15日に開設した、ファブラボ鎌倉も2年目を迎えました。たくさんの方々に支えられて活動を展開できております。まだまだ、成長の余地を存分に残した活動ですがどうぞ引き続きよろしくお願いいたします!!

ケーキの画像はこちらから引用

Let’s Learn Make Share!!!

集合写真

応募開始から15分で定員が埋まってしまった新プログラム、「Let’s Learn Make Share」を無事に終了致しました!! 参加された方も大満足!! 1日に簡単なモデリング、3Dプリンタで出力、レーザーカッター、ペーパーカッターを実施。時間があっという間に過ぎてしまいました!! 引き続き行なっていきます!